英国のメイ首相は、欧州連合(EU)からの離脱交渉ではロンドンの金融街シティーにとって有利な合意を目指すと語った。他都市が「一夜にして」ロンドンの金融業界を再現できるなどあり得ないと切って捨てた。

  メイ首相はロンドンの経済紙シティーAMが1日遅くに掲載したインタビューで、「シティーに有利な合意を確保する必要がある」と主張。「シティーは長い年月をかけてこの専門性とエコシステムを作り上げてきた。別の誰かが一朝一夕にまねできるようなものではない」と続けた。

  EUとの新たな関係にシティーなどの企業が順応する後押しをするため、移行期の設定を支持する姿勢も繰り返し示し、「崖から落ちると分かっていながら、そこへ向かってただ歩いて行く」のは誰の利益にもならないと指摘した。

原題:May Seeks ‘Good Deal for City’ in Brexit Talks, CityAM Says (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE