フランス王ルイ15世の命令で253年前に設立されたクリスタルメーカー、バカラは中国の投資企業の手に渡ることになった。同社はシャンパングラスやシャンデリアなどを手掛けている。

  2日の発表資料によれば、フォーチュン・ファウンテン・キャピタル(沣沅資本)がバカラの保有会社から株式88.8%を約1億6400万ユーロ(約205億円)で買収し、経営権を手に入れた。
  
  プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社スターウッド・キャピタル・グループは2005年にテタンジェ一族からバカラを買収した。12年には仏高級品ブランドLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン傘下の投資会社Lカタートンがバカラに出資した。公開されているバカラ株は10%にすぎない。

  フォーチュンはスターウッドとLカタートンが保有するバカラ株1株につき222.70ユーロを支払うことで合意。これは1日終値を14%下回る水準。身売り観測を手掛かりに過去2週間で約19%値上がりしていた。

原題:Chinese Firm Buys 253-Year-Old French Crystal Maker Baccarat (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE