米銀シティグループも他の米投資銀行同様、4-6月期に入って収入を押し下げるような顧客活動の鈍化に見舞われていると、マイケル・コーバット最高経営責任者(CEO)が述べた。

  コーバットCEOは1日にニューヨークで開かれた投資会議で、「当行も他行と同様だ」と発言。JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカ(BofA)は先に、4-6月のトレーディング収入が10%以上減少するペースであることを明らかにしており、これに言及した。「環境はまあまあなのだが、ボラティリティーが低い」と語った上で、詳細な見通しは示さなかった。ジョン・ガースパッチ最高財務責任者(CFO)が月内のイベントで説明するとしている。

  金融市場はこのところ動意薄の展開で、ウォール街はそれへの対応を迫られている。昨年は英国の欧州連合(EU)離脱や米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利など、予想外の展開が相次いで顧客取引が活発化。これがウォール街のトレーディング収入を後押ししていた。

原題:Citigroup Enduring Trading Slump Along With Rivals, Corbat Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE