1日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇。朝方発表された米民間雇用統計を受けて、労働省が2日発表する米雇用統計は予想より上振れする可能性があるとの見方が広がった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.5%高の1ドル=111円37銭。対ユーロでは0.3%上昇して1ユーロ=1.1213ドル。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、5月の米民間部門の雇用者数は25万3000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万人増だった。2日発表の5月米雇用統計では18万人の雇用増が予想されている。

  ロンドンやニューヨークのトレーダーによると、月初となるこの日は商いが抑制されていた。市場参加者の関心は米雇用統計に向いている。また来週は8日に英国で総選挙が実施され、欧州中央銀行(ECB)が金融政策決定会合を開くなどリスクとなり得る行事が予定されている。米国では同日にコミー米連邦捜査局(FBI)前長官が上院情報特別委員会で証言する。

  労働省が発表した5月27日終了週の米週間新規失業保険申請件数は、前週比1万3000件増の24万8000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は23万8000件だった。米製造業活動の拡大は着実なペースに落ち着きつつある。米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業総合景況指数は54.9と、前月の54.8からほぼ変わらず。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は54.8だった。同指数では50が活動の拡大と縮小の境目を示す。

原題:Dollar Gains as ADP Suggests Strength Before May Jobs Report(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE