ユーロ圏の製造業企業は記録的なペースで人員採用を進めている。輸出と内需の伸びで製造業の生産は6年ぶり高水準に達した。

  IHSマークイットが1日発表した5月のユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI)改定値は57.0と、5月23日公表の速報値と同じで、前月の56.7を上回った。雇用指数は20年前の同調査開始以降で最大の上昇幅を記録し、昨年11月以降初めて全ての調査対象国で雇用が拡大した。

  IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、「ユーロ圏の景気拡大はさらに根を下ろしつつあり、製造業は春の急成長を満喫している」と指摘。「コスト削減から事業拡大への投資に焦点を移す企業が増えている。域内全体で見受けられる企業の楽観の高まりを裏付けている」と付け加えた。

原題:Spring Boom Fuels Hiring at European Factories as ECB Looks On(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE