モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、米経済のパフォーマンスに大きな安心感を抱いていると述べた。

  同CEOは北京でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「われわれが知られたくない事実は、米経済がいたって堅調だということだ」と語った。失業率低下や住宅価格の回復、地方および州政府の財政赤字の安定、インフレ加速の幾分の兆候を挙げた。

  「客観的に見れば、米経済は堅調だ。素晴らしいということはないが、堅調だ」と述べた。

  トランプ大統領の政策については「非常に大胆」と評価。滑り出しに政権が苦労しているのも無理はないとしつつ、政策提案の幾つかは実現させなければならないと指摘した。

  アジア諸国の経済には楽観しているとし、日本経済に上向きの兆候があるとの見方を示した。「日本経済にやっと、幾分の生気が戻った」と述べた。

原題:Gorman Says Dirty Little Secret Is U.S. Economy Doing Fine (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE