財政難に苦しむ南米ベネズエラの中央銀行は、通貨ボリバルの公定レートを64%近く切り下げた。食料品不足と世界最悪のインフレをもたらしているドル資金逼迫(ひっぱく)の緩和を狙う。

  中銀幹部のペドロ・マルドナド氏は5月31日、通貨プラットフォーム(DICOM)変更後で初となるオークションの結果を発表。企業や個人に1ドル=2010ボリバルで2400万ドル(約27億円)が売却された。以前のレートは約728ボリバルだった。

  同氏によれば、中銀が事前に設定していた範囲内に応札が収まり、中銀は「非常に満足している」という。

原題:Venezuela Devalues Currency 64% on New FX Auction Platform (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE