ビーチで一杯やることは人生の数多い喜びの一つだが、それを成功させるのは必ずしも容易ではない。水道や冷蔵庫など文明の利器から遠く離れているケースがほとんどのため、ミスを犯しやすい。せっかく持って行ったシャンパンが生ぬるくなってしまった経験がある人もいるのではないか。

  長年にわたりバーテンダーとして働き、ビーチで飲む経験を積んだ私は、「バッチ処理」というプロ直伝のテクニックを使い始めるようになった。暑いビーチではつい飲み過ぎるので、通常のカクテルよりも少し薄めにつくること。そしてレシピには必ず水を入れることを忘れないように。ビーチ後の夕暮れのプランに支障を来さないようにするためだ。

  必要なのは1リットル以上のステンレス製ボトルだけ。断熱構造のボトルだったらなお良い。プラスチックのボトルは風味を吸収するので避けよう。

ビーチでおいしくカクテルを飲むには高機能ステンレス製ボトルが不可欠
ビーチでおいしくカクテルを飲むには高機能ステンレス製ボトルが不可欠
Photographer: Janelle Jones/Bloomberg; Food styling: Liza Jernow

  カクテルの材料をボトルで全て混ぜたら、それを一晩冷凍庫に入れるのが私のお勧めのやり方だ。そしてプロからの最後のアドバイスは、断熱性を高めるためボトルをタオルで巻くこと。ボトルのふたがきちんと締まっているかも確かめよう。

ミント・ライム・クーラー

ハイドロフラスクのステンレスボトルに詰めれば最高
ハイドロフラスクのステンレスボトルに詰めれば最高
Photographer: Janelle Jones/Bloomberg; Food styling: Liza Jernow

材料

ウオッカ 1と1/4カップ
フレッシュライムジュース 1/2カップ
ミントシロップ 1/2カップ
浄水器を通した水 1カップ

  水とグラニュー糖それぞれ1カップと、新鮮なミントの葉10-15枚を2分間ミキサーにかけてミントシロップを作る。これを漉した後、全ての材料を混ぜ、ハイドロフラスクのようなボトルに注ぐ。

ストロベリー・スマッシュ

アベックスのウオーターボトルなら保冷も十分
アベックスのウオーターボトルなら保冷も十分
Photographer: Janelle Jones/Bloomberg; Food styling: Liza Jernow

材料

バーボン 1と1/4カップ
フレッシュレモンジュース 1/2カップ
基本のシロップ 1/2カップ
熟したイチゴ6-8個

  砂糖と水をそれぞれ1カップを鍋に入れて沸騰させ、砂糖が溶けるまでかき混ぜて基本のシロップを作る。これを火から下ろして冷ました後、イチゴと一緒にミキサーに1分かける。全ての材料を金属のボトルに入れて混ぜる。

インバーテッド・マティーニ

クリーンカンティーンのボトルなら最高90時間保冷可能
クリーンカンティーンのボトルなら最高90時間保冷可能
Photographer: Janelle Jones/Bloomberg; Food styling: Liza Jernow

材料

辛口のベルモット酒 2カップ
ジン 1カップ
浄水器を通した水 3/4カップ
お好みで: オレンジ・ビターズ10ダッシュかオリーブ5、6個

  全ての材料を容器でかき混ぜた後、金属のボトルに注ぐ。

原題:Three Cocktails You Can Make at Home, Then Take to the Beach(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE