米国株:下落、銀行株安い-JPモルガンのトレーディング減収で

更新日時

31日の米株式相場は下落。JPモルガン・チェースがトレーディングの減収を明らかにしたことから銀行株に売りが広がった。

  JPモルガンのマリアン・レーク最高財務責任者(CFO)は、ドイツ銀行がニューヨークで開いた投資家説明会で、第2四半期(4-6月)これまでのトレーディング収入について前年同期比で15%減だったと発言した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%安の2411.80。引けにかけ下げを縮めた。ダウ工業株30種平均は20.82ドル(0.1%)下げて21008.65ドル。両指数とも、月間ベースでは上昇した。

  S&P500種の業種別11指数では金融株指数が0.8%安と最大の下げ。エネルギーも下落した。一方でヘルスケアの指数は0.4%高。このほか生活必需品や公益事業の指数も上昇した。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は10.4に上昇した。

  ダラス連銀のカプラン総裁はこの日、労働市場のスラックは解消されつつあり、それがゆくゆくインフレを押し上げるとの見解を示した。

原題:U.S. Stocks Pare Monthly Gain as Banks, Crude Slip: Markets Wrap(抜粋)
原題:Banks Fall as JPMorgan, BofA Executives Talk About Lower Rev.(抜粋)
原題:MARKET WRAP: U.S. Equities Little Changed Amid Jump in Volume(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE