米地区連銀報告:緩やかな拡大続くも一部に陰り-個人消費は軟化

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)31日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、米経済はこの数週間に大部分の地区で「緩慢」ないし「緩やかな」拡大が続いた。ただ一部地区で楽観的な見方が後退したことを示す新たな兆候も見られた。

  ベージュブックによれば、製造業や住宅など複数のセクターでゆっくりと拡大が続いた。ただ個人消費は軟化し、多くの地区が自動車以外の小売り販売についてほぼ横ばい、ないし変わらずと報告した。また自動車販売については、幾つかの地区で過去最高水準だった昨年からやや減少したとされた。今回のベージュブックは、22日までに入手した情報を基にまとめられた。

  また「過半数の地区は、企業が短期的に明るい見通しを抱いていると報告。ただ、幾つかの地区では楽観がやや後退した」と記された。

  労働市場については「引き締まりが続き、大半の地区が広範な職種や地域にわたる人材不足を挙げた」とされた。ただし、「全地区において大半の企業は、緩慢ないし緩やかな賃金の伸びという最近の傾向にほとんど変化はないと指摘した」。多くの企業は「人材不足が最も深刻な分野」で労働者を引き付けるため賃金引き上げを提示していると報告した。

  物価に関しては、一部資源価格は上昇したが、物価は総じて「前回の報告時からほぼ変わらず、大半の地区は緩慢な伸びを報告した」とされた。

  地区別では、ニューヨーク地区は経済活動がこの数週間横ばい。ボストン地区では、小売りと製造業の調査先で前年比での売上高増加を報告したのは全体の半数にとどまった。

原題:Fed Survey Shows Modest Growth With Tight Labor and Tame Prices(抜粋)
原題:U.S. Federal Reserve May 2017 Beige Book Summary (Text)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE