ヘッジファンドが米国債のショート解消、ほぼ中立

米国債ショート減らす

投機的資金の総合ポジションがほぼ中立に

  米国債先物市場で投機筋のポジションが先週、米大統領選挙以降で初めて中立に近づいた。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータが示した。年初には大規模なショートだった。リフレトレードによって米利上げペースが速くなるとの観測の後退を反映しているもようだ。先週のポジション変動で10年物のロングポジションは2007年以来で最大となった。

原題:Hedge Funds Have Mostly Exited Short Bets on Treasuries: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE