ブラックロックCEO:欧州の成長が米上回る可能性-政策に不透明感

  • 第2四半期は企業利益と成長という点で期待外れになるとフィンク氏
  • 税など政策の先行き不安で米景気の見通しは悪くなったようだと同氏

世界最大の資産運用会社である米ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、欧州がより力強く見える一方、

ローレンス・フィンク氏

Photographer: Sam Kang Li/Bloomberg

米国の税およびインフラ政策の先行き不安から米景気の見通しは悪化しているように思われると語った。

  フィンクCEOはニューヨークで30日開かれた投資会議で、「欧州の今年の成長ペースは、米国を上回らないとしても、米国に匹敵する成長が予想される。それは大きな驚きだ」と発言した。

  フィンク氏は、欧州が今年2.5%前後の成長ペースとなる可能性が高いのに対し、米国の成長率は「2%台半ばを実現できそうにない」と述べ、「4-6月(第2四半期)は企業利益と成長という点で期待外れになるのではないか」との見方を示した。ブルームバーグが集計した予測データによれば、2017年の国内総生産(GDP)成長率は米国が2.2%、欧州連合(EU)は1.8%と見込まれており、フィンク氏の見通しとは乖離(かいり)している。

原題:BlackRock’s Fink Says Europe’s Economic Growth Exceeding U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE