憎悪表現と戦う米フェイスブック、思いも寄らぬ活動家に援軍求める

昨年夏、ベルリンのヘイトスピーチ対策活動家、ヨハネス・バルドーフ氏は思いも寄らないところから支援を求められた。それはソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)最大手の米フェイスブックからだ。

  過激なメッセージの拡散を阻止する上で、バルドーフ氏はフェイスブックを問題の一部と受け止めるのが習慣になっていた。その会社がここにきて、バルドーフ氏や他の活動家らに対しオンライン上で、クエンティン・タランティーノ監督のアクション映画「イングロリアス・バスターズ」でナチス兵狩りを行う部隊よりも思いやりがあり、優しい活動を要請してきたのだ。彼らの任務は、欧州で増加する移民や難民をスケープゴートにした偽ニュースや右派系プロパガンダにドイツ人が感化されにくくなるよう、ソーシャルメディアでのキャンペーンを考案することだった。

フェイスブックの助成金を受けたバルドーフ氏

Photographer: Fabian Brennecke for Bloomberg Businessweek

  非営利団体アマデウ・アントニオ財団のバルドーフ氏(36)らのチームは、プロパガンダに対抗するストーリーである「カウンターナラティブ」という難解なインターネットアートを専門とする。この基本的なアイデアは、過激思想家が使うのと同じオンラインツールを活用するが、彼らの憎悪に満ちたメッセージを弱めることだ。同グループは1日がかりで意見を出し合う中、満員の地下鉄など日常生活のありふれた不満をマイノリティーのせいにする人々をさりげなく冷笑するインターネット・ミームを考案した。

  ヘアスタイルがきまらない日やスクリーン画面が割れた「iPhone(アイフォーン)」など、日常の失敗に関する画像を公開し、ドイツ語で「人種差別主義者になる理由はない」というフレーズを添えた。すると間もなく、ネットユーザーからの写真が投稿されるようになり、そのハッシュタグはフェイスブックやインスタグラム、ツイッターでトレンドになり始めた。これはネットで情報を拡散させたと非難されがちなフェイスブックが、SNSで過激表現に対抗できると考える良い実例だ。

  カウンターナラティブはほとんど知られていないが、ネット上の過激表現に対処するフェイスブックの計画にとって重要な要素だ。この問題は、トランプ米大統領の当選と西欧・アジアでの右派や反移民を掲げる政党の台頭以来、さらに緊急性が増している。2900万人のフェイスブック・ユーザーがいるドイツでは最近、ヘイトスピーチとして警告されたコンテンツを24時間以内に削除することをネット企業に義務付ける法案が議会に提出された。迅速に行動しない企業には5000万ユーロ(約62億円)、そうした企業の幹部には最大500万ユーロの罰金がそれぞれ提案されている。

  ソーシャルメディア企業は多額の投資を行い、世界で大勢の請負業者を雇用しているにもかかわらず、憎悪に満ちた投稿を迅速に削除することができていない。過激思想家は古いアカウントが閉鎖されるとすぐに新たに作るため、悪い内容がそうした企業の取り組みを擦り抜けるのは容易だ。特にライブ動画の投稿ではその確率が高い。4月にはタイの男が自分の子供を殺す場面を中継したほか、米オハイオ州クリーブランドでは男が殺人を犯す様子を映した動画をアップロードした。いずれの動画も数時間はアクセスが可能だった。こうした事態に対応してフェイスブックは、コンテンツをモニターする要員として3000人余りを採用すると発表した。ただ、それでも不十分かもしれない。

  そんな理由からフェイスブックは過激思想や憎悪対策で、バルドーフ氏ら革新的な技術を駆使する活動家からの支援に期待する。同社のシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)は昨年ベルリンを訪問し、「オンライン・シビル・カリッジ・イニシアチブ(オンラインでの市民の勇気の活動、OCCI)」と呼ぶ取り組みを発表した。当初100万ユーロの資金を後ろ盾にしたこの取り組みは、活動家によるカウンターナラティブの創作や反憎悪表現キャンペーンの支援を目標に掲げ、過激思想に反対する組織に少額の助成金などを分配している。

  フェイスブックにとって100万ユーロは少額かもしれないが、多くの場合わずかな資金でカウンターナラティブを実践する人々には意味がある。2016年には、予算がわずか3750ドル(約42万円)だったフェイスブックベースの一つのキャンペーンが67万人余りに届いたという。バルドーフ氏はドイツでかつて人気のあったSNS、StudiVZでヘイトスピーチを監視したこともあり、恐ろしい投稿がとても多いと話すが、「ソーシャルメディアは教育のツールにもなり得る」と強調した。
  

原題:How Facebook Can Fight the Hate (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE