モビアス氏:鉄鉱石需要は支えられる可能性-価格変動とは区別が必要

  • 中国のインフラ建設に伴い同国の鉄鉱石需要は支えられる見通し
  • 鉄鉱石価格はここ数年にわたり大きく変動してきた

テンプルトン・エマージング・マーケッツ・グループのマーク・モビアス執行会長は、アジア最大の経済大国である中国のインフラ建設に伴い、同国の鉄鉱石需要が支えられる可能性が高いとの見通しを明らかにした。鉄鉱石業界のファンダメンタルズ(需給関係)は比較的安定しており、価格変動の大きさとは分けて考える必要性を強調した。
  

マーク・モビアス氏

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  モビアス氏は29日のシンガポールでのインタビューで「これら2つの事柄を区別する必要がある。需給と価格は別物だ。価格はあらゆる外的要因、その動向を見越して投資を行うトレーダーの影響も受ける」と語った。価格見通しは示さなかった。

  供給拡大の影響と中国の鉄鋼需要の先行きを投資家らが見極めようとする中で、鉄鉱石価格は2015年に下落した後、16年には反発し、17年には再び値下がりするといった調子で、ここ数年大きく変動してきた。大連とシンガポールでの鉄鉱石先物への投資家の関心の高まりや、中国の輸入需要が着実に増加し、鉄鋼供給も記録的水準となっている状況も背景にある。特に昨年の景気刺激策など中国当局の政策も価格に影響を及ぼした。

原題:Mobius Draws Contrast Between Iron’s Wild Ride, Fundamentals (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE