東芝が米スキャナの主張と対立、VCサマー原発建設契約巡り-関係者

  • 東芝は支払い上限を17億ドルとし、スキャナはそれを上回ると主張
  • 意見対立が建設プロジェクト巡る交渉の障害に

東芝と経営破綻した米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が原子炉2基を建設する契約に違反し、両社には17億ドル(約1900億円)を上回る金額を支払う義務があると米電力会社スキャナが主張している問題で、東芝側はこれに異議を唱えていることが事情に詳しい関係者1人の話で分かった。

  WHの支払い義務は、サウスカロライナ州のVCサマー原子力発電所でのプロジェクトにおける主要な請負業者として受けた支払いの最高25%。関係者が匿名を条件に語ったところによると、東芝はWHが連邦破産法11条の適用を申請した3月29日までの支払い分に基づき、総額を17億ドルとしているが、スキャナは破産申請後の支払い分を理由にそれを上回る支払い義務があると主張している。

  この意見の不一致は、VCサマーのプロジェクト完了に向けたプランの交渉を目指す東芝とスキャナにとって障害となっている。東芝はWH部門へのエクスポージャーに関して確実性を銀行側に示すため、WHが主要な請負業者の立場から降りる方向で調整に取り組んでいる。同プロジェクトを継続させている双方の暫定合意は6月26日に失効する。

  東芝とWHに取材を試みたが現時点で返答はない。スキャナは東芝との協議についてコメントを控えた。

原題:Toshiba Said to Balk at Scana Claim It Owes More in Guarantees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE