BMWやメルセデス、トランプ氏の自動車メーカー叩きの新たな標的に

ドイツのBMWやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(VW)は、自動車業界を常に攻撃しているトランプ米大統領の新たな標的となっている。

   トランプ氏は25日の欧州連合(EU)当局者との非公開会合で参加者に対し、ドイツについて「とてもあくどい」と発言したと、独誌シュピーゲルが報じた。同氏は「米国で彼らが何百万台もの自動車を販売しているのを見てみなさい。ひどいことだ。われわれはそれを阻止する」と述べたという。

  コーン米国家経済会議(NEC)委員長は、トランプ大統領がドイツについて「とてもあくどい」と述べたことを認めたが、発言はドイツメーカーが米国で自動車を大量に販売していることに関してのもので、米国にとって最も重要な同盟国の一つであるドイツを中傷する意図はなかったと強調した。

原題:BMW, Mercedes Become Latest Carmakers Caught in Trump Crossfire(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE