【債券週間展望】長期金利低下か、米金利先高観が一服との見方で買い

  • 来週あたりは買い戻しの時間帯-しんきん証
  • 10年債利回りはゼロ%に向かっていく-パインブリッジ

5月最終週(29日-6月2日)の債券市場では長期金利の低下が予想されている。トランプ政権のの不安定化懸念から米長期金利の先高観が薄れており、円債市場でも連れて買い圧力が掛かりやすいことが背景にある。

  長期金利の指標となる新発10年物国債の346回債利回りは23日、米金利上昇や国内で25日に実施される40年債入札に対する警戒感などから0.05%と、11日以来の水準まで上昇した。26日には日銀の国債買い入れオペや株安・円高を背景に買い圧力が強まり、0.035%まで低下した。

  しんきん証券債券営業部の高井行夫金融市場アナリストは、「5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けて、債券には買い戻しが入っているような時間帯で、来週もこの動きが継続する」と予想する。「10年債利回りの0.05%では押し目買いというイメージが形成されており、8日にフランス大統領選後の金利上放れで生じた窓を埋めるような動き」を見込んでいる。

  米10年物国債利回りは追加利上げ観測の強まりを背景に今月11日には2.42%と、3月以来の高水準を付けたが、その後は米政治の不透明感からリスク回避の動きが強まり、先週には2.1%台まで低下。今週は2.2%台での推移が続いている。

日銀オペ方針

  日銀の長期国債買い入れオペは、31日に残存期間「1年超5年以下」と「10年超」が予定されている。31日には6月のオペ運営方針が公表される。

  しんきん証の高井氏は、「6月の買い入れ計画自体は据え置きで無風通過」を見込んでいる。ただ、「5-10年ゾーンを減らしていきたいと思われ、相場が強ければ、200億円程度の減額を重ねて1月の4100億円に戻していくような形も考えられる」と述べた。
 
  財務省は30日に2年利付国債の価格競争入札を実施する。表面利率は年0.1%に据え置かれる見込み。発行予定額は前回と同じ2兆2000億円程度。6月1日には10年利付国債の入札が予定されている。償還日が3カ月延びるため、新しい回号となる。発行予定額は2兆3000億円程度に据え置かれる。

  米国では5月の米供給管理協会(ISM)製造業景気指数や雇用統計など、市場に影響を及ぼす可能性の高い重要な経済指標の発表が予定されている。

市場関係者の見方

*T
◎しんきん証券債券営業部の高井行夫金融市場アナリスト
*投資家の行動が鈍い、待機資金が結構積み上がっている状況
*6月償還も控え、少し動きが出てくると思われる
*長期金利の予想レンジは0.02~0.05%

◎岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト
*利上げに向けて米雇用統計を見極める姿勢、トランプ政権に関する動きがあれば多少動くが長期金利は狭いレンジでこう着状態続く
*日銀オペ方針、中期の利回り上昇で水準が修正され、これ以上の上昇は日銀も警戒感が強い
*長期金利の予想レンジは0.03~0.06%

◎パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長
*米経済指標、住宅部門や自動車販売などで弱くなってきている
*月末にかけては大きな入札もなく、長期投資家の買いも見込まれるため、買われやすい地合いになるだろう
*長期金利の予想レンジはゼロ~0.05%
*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE