中国の貨幣乗数、過去最高水準-4月に限界に近づいたとの見方も

中国人民銀行(中央銀行)が金融システムに供給する資金が融資などを通じて実体経済にどの程度マネーサプライを生み出しているかを示す貨幣乗数が、少なくとも1997年以降で最も高くなっている。

  ブルームバーグの集計データによれば、マネーサプライを測る最も広範な指標であるM2と人民銀が供給するベースマネーの比率である貨幣乗数が5倍を上回った。

  中銀国際証券(BOCインターナショナル中国)のマクロ経済チーフアナリスト、朱啓兵氏(北京在勤)は、市中銀行が手元に保有している資金を全て貸し出すことはできないため、「貨幣乗数は4月に限界に近づいた」と指摘した。

  朱氏によれば、中国の金融レバレッジ解消という目標を考えれば、人民銀は12%前後という年間目標を若干下回るマネーサプライの伸び率を容認する可能性があるが、あまりに急激な鈍化は認めることはなさそうだ。

原題:China’s Monetary Turbocharger Is Running at an All-Time High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE