GMをディーゼル所有者が集団訴訟-VW類似の排ガス不正と主張

  • 11-16年に2車種で「ディフィートデバイス」を取り付けた-原告
  • GMは主張に根拠ないとして徹底的に争う姿勢

米ゼネラル・モーターズ(GM)がディーゼルエンジンを搭載したピックアップトラックに、排ガスを試験の時だけ減らす「ディフィートデバイス」を取り付けたとして、所有者らが同社を相手取り集団訴訟を25日起こした。独フォルクスワーゲン(VW)が2015年にディーゼル車の排ガス不正を認めて以降、類似の問題で提訴された自動車メーカーはこれで5社目。

  GMのディーゼルエンジン「デュラマックス」を載せた70万5000台を超えるピックアップトラック所有者と借り主は、デトロイトの連邦地裁に提出した訴状で、GMが11-16年に大型ピックアップトラックの2車種でディフィートデバイスを取り付けたと主張。各トラックがもたらした環境被害はVW車を上回る可能性があると訴えた。

  訴状によると、通常の運転環境では法定上限の2-5倍の排ガスを出していたにもかかわらず、GMの不正行為により同社製トラックは米当局の試験に合格していたという。

GMCシエラ(2015年)

GM

  GMのピックアップトラック「シボレー・シルバラード」と「GMCシエラ」は環境基準を満たすために恐らく改修が必要となり、出力やトルク、燃費効率が落ちる可能性があると原告は主張している。

  GMはウェブサイトに掲載した資料で、一連の主張に根拠はないとして徹底的に争う姿勢を示した。シボレー・シルバラードとGMCシエラは米環境保護局(EPA)とカリフォルニア州大気資源局(CARB)の排ガス規制の全てを順守していると説明した。

  25日のGM株は一時3.9%下落。結局1.8%安の32.60ドルで引けた。

原題:GM Accused in Owner Lawsuit of Using VW-Like Defeat Devices (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE