ジェフリーズ:ディストレスト債でモルガンSミーズナー氏採用-関係者

  • ミーズナー氏はフェミニア氏と共同でディストレスト債業務を統括へ
  • ジェフリーズはディストレスト債チームの強化に動いている

米リューカディア・ナショナル傘下の投資銀行ジェフリーズ・グループは、米銀モルガン・スタンレーのグレゴリー・ミーズナー氏をディストレスト債トレーディングの共同責任者として採用した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  人事に関する決定であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、モルガン・スタンレーの債券商品セールスを担当していたミーズナー氏は、今週離職した。同氏はジェフリーズにマネジングディレクターとして年内に入社し、ディストレスト債デスクの責任者を現在務めているジョー・フェミニア氏と共同で、ローン・債券のセールス・トレーディング・リサーチを統括する。フレッド・オーラン氏が2人の直属の上司となる。

  ジェフリーズは、ディストレスト債トレーディング責任者のドルー・ドシャー氏に続き、多くのトレーダーやセールスマン、アナリストが退職したが、米銀ゴールドマン・サックス・グループから昨年移籍したフェミニア氏の下で、ディストレスト債チームの強化に動いている。

  米金融取引業規制機構(FINRA)の記録によれば、ミーズナー氏は2009年にモルガン・スタンレー入り。それ以前にはJPモルガン・チェースとベアー・スターンズ、シティグループでも勤務した。ジェフリーズとモルガン・スタンレーの広報担当者は、コメントを控えている。ミーズナー氏にコメントを求めてメッセージを残したが、これまでのところ返答はない。

原題:Jefferies Said to Hire Morgan Stanley’s Miesner for Distressed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE