ムニューシン米財務長官、議会に8月休会前の債務上限引き上げ求める

  • これまでは10月か11月に債務上限引き上げを迫られるとみられていた
  • トランプ政権は税収ペースが予想より遅いと警告している

ムニューシン米財務長官は24日、議員らに対し、8月休会前に連邦債務の法定上限を引き上げるよう求めた。トランプ政権は税収ペースが予想より遅いと警告している。

  同長官は下院歳入委員会での予算教書に関する公聴会で、「これは8月休会前に通過することが極めて重要であり、早ければ早いほど良いと思う」と述べた。

  米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長はこの日、下院予算委員会で、ムニューシン長官から税収に関して注意喚起され、10月か11月に債務上限引き上げを迫られるとの従来予想よりも前倒しになるかもしれないと示唆されたと証言した。同局長は、上限を上回らないようにするいわゆる特別措置が尽きる時期の見通しをムニューシン長官が近く示す可能性があると述べた。

  マルバニー局長は、ムニューシン長官と23日に会って債務上限問題を議論したとした上で、トランプ大統領の外国訪問に同行しているコーン国家経済会議(NEC)委員長の帰国後に、債務上限引き上げの戦略と時期に関して協議を続ける予定だと説明した。

  ムニューシン長官は下院歳入委の公聴会で、自分は給付金の削減といった財政政策変更の付帯条件がない「クリーン」な債務上限引き上げを望んでいると語った。

原題:Mnuchin Boosts Urgency for Congress to Raise U.S. Debt Limit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE