NY金:スポット相場上昇、FOMC議事録の公表後に一段高

24日のニューヨーク金スポット相場は連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表後に一段高。議事録によると、当局者はもう一段の利上げが「近く適切になる」と判断した一方、最近の景気減速が一過性であるとの証拠を待つのが「賢明だろう」との見解を示した。

  議事録では、「大部分の参加者は、経済に関して入手する情報が予想とおおむね一致した場合は、政策緩和の解除をさらに一歩進めるのが近く適切になると判断した」と記された。

  ニューヨーク時間午後2時13分現在、金スポット相場は前日比0.3%高の1オンス=1255.20ドル。一時は1258.40ドルをつけた。

原題:Spot Gold Rises to Session High After Fed Meeting Minutes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE