インド株:続落、センセックスは約2週間ぶり安値-資本財銘柄が安い

24日のインド株式相場は下落。指標のS&P・BSEセンセックスは2日続落し、約2週間ぶりの安値に沈んだ。資本財銘柄の下げが目立った。

  センセックスは前日比0.2%安の30301.64で終了。ニフティー50指数は0.3%安の9360.55で引けた。センセックス構成銘柄の中ではラーセン・アンド・トゥブロの下げが最もきつく、8カ月ぶり大幅安。一方、タタ・モーターズはここ6カ月で最大となる4.2%の値上がり。高級車部門ジャガー・ランドローバーの好調を追い風に、利益が予想を上回った。

  BSEが集計する業種別の13指数のうち10指数が下げ、資本財指数は2.6%下落した。信用格付けが引き下げられたリライアンス・コミュニケーションズは急落し、上場来安値を付けた。

原題:India’s Sensex Declines for a Second Day as Capital Goods Drag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE