ソフトバンク:米エヌビディア株を40億ドル保有-4位株主に浮上

ソフトバンクグループは、米画像処理半導体メーカー、エヌビディアの株式40億ドル(約4500億円)相当を買い集め、第4位の大株主に浮上していたことが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ソフトバンクは最先端技術を開発する世界の企業に投資するビジョンファンドを20日に設立。その際、同ファンドは株数や金額を明らかにせずに、英半導体設計のアーム・ホールディングスなどと並び、エヌビディア株を保有していると公表していた。関係者によると、保有比率は米国の報告義務をわずかに下回る約4.9%という。

  エヌビディア株の保有は、向こう10年で人工知能(AI)のような成長分野に積極的に投資するという孫正義社長の戦略に沿ったもの。エヌビディアは自動運転技術などの基盤となる技術を提供する主要半導体メーカーの一角を占めている。

  取得時期にもよるが、孫氏の投資判断は賢明だった可能性がある。エヌビディアの株価は昨年1年間で3倍になり、今年も年初から28%上昇している。時価総額は800億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE