海外主要ニュース:予算教書、英自爆テロ、前CIA長官、米財務長官

海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎米財務長官:自身とトランプ氏は国境調整税反対に傾いている-WP紙

◎フィラデルフィア連銀総裁:今年3回の米利上げが適切と引き続き認識

◎ECB主流派が唱える「強い論理性」、出口戦略の見通しは-Q&A

◎トランプ米大統領の国防予算5745億ドル、高額兵器の増強公約先送り

◎米民主党下院議員、財務省に大統領とロシアのつながりの記録提出要請

◎メイ英首相:テロ警戒レベルを最高に引き上げ-さらなる攻撃の恐れも

◎フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令を布告-アベリヤ報道官

◎フィアット・クライスラー:ディーゼル排ガスを巡り米司法省が提訴

◎ホワイトハウス:ロシア・トランプ陣営の共謀はない、公聴会が裏付け

◎英警察当局が自爆テロ容疑者を特定、組織的犯行か捜査へ-22人死亡

◎ムニューシン米財務長官:税制改革が富裕層に無益とは言い切れない

◎スイスのグレンコア、米穀物商社バンジに買収打診-バンジ株急伸

◎シアーズ、借り入れの返済延長で合意-年金債務をメットライフに移管

◎米予算教書:400兆円の歳出削減求める-トランプ氏の支持者に大打撃

◎米ユナイテッド・テクCEO:会社分割は価値創出しない

◎ユーロの為替レート、ドイツにとってはやや低過ぎる-独財務相

◎トランプ陣営とロシア、疑問生じさせるやり取りあった-前CIA長官

◎ブラジル石油公社:融資5億ドルをシティバンクに繰り上げ返済

◎ルルレモン:株価下落、サイトダウンが販売に打撃も-マッコーリー

◎ECBクーレ理事:現時点で出口政策の順序を変える必要性ない

◎マレーシアのプロトン、親会社が浙江吉利に保有株売却へ-関係者

◎ムニューシン米財務長官、国境調整税は為替を動かし得ると懸念

◎米財務長官:予算教書、節減実現し公的資金による救済を防止

◎オートゾーン:3Q1株利益、予想レンジ下限を下回る-税還付遅れで

◎コーツ国家情報長官:トランプ氏要請の報道へのコメント、適切でない

◎米新築住宅販売:4月は56.9万戸、予想以上に減少-前月は上方修正

◎米シティのクレジットトレーダー、入社1年未満で退社-関係者

◎マイクロソフト、新型「サーフェス・プロ」公表-販売減食い止め狙う

◎ギリシャ支援協議、IMFが「難しい」姿勢取った-独財務相

◎北朝鮮、米本土射程の長距離核ミサイル実現に近づいた-米国防情報局

◎銀行の債券トレーディング好調、4-6月は続かず-JPモルガン

◎トランプ米大統領、戦略石油備蓄の半分の売却提案-予算教書

◎米ザイリンクス:株価下落-ウェルズ・ファーゴが投資判断引き下げ

◎タタ・モーターズ:4Q純利益とジャガー部門EBITDA、予想以上

◎タタのジャガー、18年度に40億ポンド超投資へ-スロバキア新工場含む

◎米国の5月製造業PMI速報値は52.5-予想53

◎ダイムラー:独検察が事務所を捜索、ディーゼル排ガスで不正の疑い

◎トランプ米大統領:テロ撲滅に向け各国の団結に努める

◎「イスラム国」、マンチェスター爆破で犯行声明-SITE

◎ゴールドマンがトップ-JPモルガンの世界投資銀行ランキング

◎アップル:インド拠点拡張に向け協議中-政府高官

◎中国当局、銀監会の楊家才主席補佐を調査-重大な規律違反の疑い

◎中国外務省報道官:新しい米国大使が関係強化に貢献することを望む

◎インド、パキスタン支配地域に越境攻撃-テロ計画破壊と説明

◎世界のスマホ販売:Q1は9.1%増、中国勢がシェア拡大-ガートナー

◎韓国軍が警告射撃-軍事境界線越え北朝鮮側から飛来した物体に

◎ロシア、数週間以内に今年初のユーロ債発行へ-関係者

◎ユーロ圏:5月総合PMI、6年ぶり高水準維持-物価は弱含み示唆

◎ドイツ:5月のIfo景況感が改善、1991年以来の高水準に

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE