ヘッジファンドが債券強気派の味方に-政治・地政学的リスク膨らむ

  • 10年物米国債先物の買い越し、07年以来の大きさ-16日時点
  • 10年債利回りが既に17年のピークを付けたという考え裏付け-BMO

世界的にリスクが膨らんでおり、米国債の投資家が無視するには大きくなり過ぎたようだ。

  年初には米国債の売りポジションを積み上げていたヘッジファンドなど大口の投機的取引を行う投資家が、ここへきて考えを変えた。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、16日の時点で10年物米国債先物の買い越しが24万10枚と、2007年12月以来の大きさになった。

  10年物米国債利回りは先週、2カ月で最大の低下。トランプ米政権のスキャンダルや景気刺激措置の遅れへの懸念が背景だ。さらに、期待外れの経済指標にもかかわらず米金融当局は利上げをしようとしている。

  BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者イアン・リンジェン氏は先物のロングポジションについて、「米10年債利回りは既に2017年のピークを付けたという考えを裏付ける」とし、「政治的、地政学的な逆風が多く」コアインフレ率も当局の目標に達していないが「当局は6月会合で予定通り利上げをする公算が大きい」と話した。

原題:Bond Bulls Get Most Hedge-Fund Support Since 2007 as Risks Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE