米国の道徳的価値観、7年ぶりの低迷-ギャラップ世論調査

米国民は政治や文化面で分裂しているかもしれないが、大半の人の意見が一致する部分もある。それは米国の道徳的価値観が薄れているという点だ。

  ギャラップの最新調査によると、米国の道徳的価値観(モラル)について、まずまずもしくは不十分と答えたのは8割強となり、7年ぶりに低調な結果となった。道徳的価値観が悪化し続けるとの回答は77%だった。

  ギャラップが米国民を対象に自国の道徳的価値観の動向を調査し始めてから16年。保守派層は一貫して最も悲観的で、穏健派やリベラル派よりも高い確率で状況が悪化していると指摘してきたが、ここにきて穏健派にもそうした悲観的な特徴がみられる。穏健派で米国の道徳的価値観が悪化していると答えた割合は86%と、保守派の77%(前年に比べて11ポイント低下)やリベラル派の71%を上回った。

  同調査ではこれまで、米国の道徳的価値観の状態に楽観的な回答が過半数を占めたことはない。

  共和党政権への移行は確かに一部の見方を変えており、悲観的なリベラル派の割合はオバマ前政権時代のおおむね60%台を上回っている。ただ、ホワイトハウスの主が誰かという点だけで評価が左右されるわけではない。2010年と12年に実施されたギャラップの調査では、米国の道徳的価値観で最も重要な問題を尋ねられた回答者が頻繁に引き合いに出したのが、他人への敬意や寛容さの欠如などだった。

  一方で、米国民が近年、道徳的価値観に楽観的だった時期はいつだったのか。道徳的価値観について優れている、あるいは良好と評価した割合は、04年11月の26%がピークで、これはジョージ・W・ブッシュ大統領の再選時期に重なる。当時、27%の回答者は道徳的価値観が改善しているとの認識していた。

  米国の道徳的価値観に関するギャラップの調査は5月3日から7日に実施された。対象は無作為に抽出された成人1011人。

原題:Americans Say U.S. Moral Values at a Seven-Year Low (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE