ロンドンのNOBUホテル:絶品の和風朝食で特別な一日の始まりを

ロンドンのトレンド発信地、ショーディッチ地区に松久信幸氏がホテル「ショーディッチNOBU」をオープンする。NOBUレストランが最初にロンドンにオープンした20年前とは状況が様変わりし、ロンドンのホテルで絶品の和風の朝食を食べることができるようになる。

  メニューを紹介すると、抹茶ワッフルとチキン(スモーク・メープル・ポン酢で味付け)、ピーカンみそバター添えが16ポンド(約2300円)。このほか、「うま味」シーバスの朝食弁当(20ポンド)、NOBU風エッグズベネディクト、クリスピー豆腐、ほうれん草、ズワイガニ、しそベアネーズソース、イクラ添え(20ポンド)がある。

NOBU風ベーグル&スモークサーモン

Source: Nobu via Purple PR

  飲み物には活性炭入りレモネードか、ココナッツウォーター、あるいはケールとホウレン草、ロメインレタス、セロリ、キュウリ、レモン、ショウガを絞った「グリーンハウス」ジュースメレンゲを合わせてはいかがだろうか。(いずれも6ポンド)。

ロンドンにオープンするホテルで松久信幸氏

Photographer: Photographer: Richard Vines/Bloomberg

  NOBUレストランは世界に30軒以上あるが、NOBUホテルはまだ少ない。松久氏は欧州最初のNOBUホテルをロンドンに決めたことについて、迷いはなかったと話す。「大都会であり、コスモポリタンな都市だ。すでにたくさんのお客さまが来てくれている。世界中を旅するインターナショナルな人がロンドンに集まって来る」と語った。

ショーディッチNOBU、寝室

Photographer: Photographer: Will Pryce via Purple PR

NOBUの若いスタッフと

Photographer: Photographer: Richard Vines/Bloomberg

  ショーディッチNOBUはホテル、レストランともに7月1日に公式オープンするが、予約はすでに受け付けている。

  (バインズ氏はブルームバーグ・ニュースのチーフ料理評論家です。 この記事の内容は同氏自身の見解です)

原題:The First Nobu London Hotel Will Serve a Great Breakfast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE