アーコニック:エリオットが取締役3人指名で合意-委任状争奪戦が終結

自動車・航空機向けアルミ部品メーカーの米アーコニックは、資産家ポール・シンガー氏率いるエリオット・アドバイザーズが指名する3名を取締役会に受け入れることで合意した。年次株主総会での採決を前に委任状争奪戦が終結した。

  22日の発表によると、アーコニックはエリオットとの合意に基づき取締役2名を指名する。両社はそれぞれが推す候補者を取り下げることで和解した。

  1月に発生した委任状争奪戦で、アーコニックの前最高経営責任者(CEO)だったクラウス・クラインフェルト氏のシンガー氏宛て書簡が脅迫する内容だとエリオットが非難し、クラインフェルト氏は4月に辞任を余儀なくされた。アーコニックは数週間中に新CEOを決めるとし、エリオットが推すラリー・ローソン氏を候補として検討することを明らかにした。

原題:Elliott, Arconic End Proxy Fight With Deal on Board Members (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE