米ブラックストーン、11兆円余りのインフラ投資計画-サウジが後押し

  • サウジの公的投資基金「PIF」がアンカー投資家に
  • ブラックストーンCEO、米サウジCEOフォーラムに出席

ブラックストーン・グループは20日、1000億ドル(約11兆1400億円)超のインフラ投資計画を公表した。サウジアラビアの公的投資基金「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」をアンカー投資家に迎え入れ、新たな戦略を採用する。

  ブラックストーンの資料によれば、PIFが200億ドルの拠出を約束したほか、ブラックストーンは他の投資家から同額を集める計画。レバレッジを活用し、主に米国のインフラ事業向けに1000億ドル余りを確保する見込み。PIFとブラックストーンの合意は拘束力のない覚書だという。

  トランプ米大統領のサウジアラビア訪問に合わせ、ブラックストーンのスティーブ・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)もリヤド入りし、今回初めて開催された「米サウジCEOフォーラム」に出席していた。

原題:Blackstone Unveils $100 Billion Ambition for Infrastructure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE