「エイリアン」新作が初登場首位、「ガーディアンズ」2位-北米映画

週末の北米映画興行収入ランキングでは、リドリー・スコット監督のSF映画シリーズ最新作「エイリアン:コヴェナント」が、前週まで2週連続首位だった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を抑えて、初登場首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで21日発表した資料によれば、20世紀フォックス配給のエイリアンの興行収入は推計3600万ドル(約40億1600万円)。ウォルト・ディズニー傘下マーベルが手掛けたガーディアンズは3510万ドルで2位。週末に公開された他の2作品「エブリシング・エブリシング」、「ダイアリー・オブ・ウィンピーキッド:ザ・ロング・ホール」(共に原題)はそれぞれ3位と5位だった。

原題:‘Alien’ Topples ‘Guardians’ From No. 1 Spot in Weekend Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE