19日のアジア株式相場は全般的に下落。前日の米国株反発も、ブラジルの政治危機やトランプ米政権の混乱を巡る投資家の懸念を後退させるには至っていない。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後0時16分現在、前日比0.1%安。オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.3%下げている。

  18日にはブラジルのボベスパ指数が8.8%安と、2008年10月以来の大幅下落となった。同指数に連動する日本で取引されている上場投資信託(ETF)はほぼ7%安。前日も同じように急落していた。

  外国為替市場では、ブラジル・レアルが7.5%安となった前日のあおりを受け、新興市場通貨に対する圧迫が続いている。韓国ウォンが下げているほか、インドネシア・ルピアは0.3%安。

原題:Asia Stocks Fall as Caution Remains; Brazil Roiled: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE