トヨタなど4社和解、米エアバッグ集団訴訟-総額616億円負担で合意

  • トヨタ、スバル、マツダ、BMWが車の所有者らと和解
  • トヨタの負担額が最も大きく2億7850万ドル

タカタ製エアバッグの欠陥を巡り、米国で車の所有者らが経済的損失の補償を求めて起こした集団訴訟で、トヨタ自動車とスバル、マツダ、独BMWの4社が5億5300万ドル(約616億円)の負担に応じることで和解が成立した。

  18日にフロリダ州マイアミの連邦地裁に提出された文書によれば、4社は自己負担費用を補償し、一部の車の所有者に代車を提供するほか、エアバッグをまだ交換していない所有者にリコール(無料の回収・修理)への参加を促すアウトリーチプログラムも設ける。

  トヨタの負担額が2億7850万ドルと最も大きく、原告側代理人によればBMWは1億3100万ドル。合意の実行には裁判所の承認が必要になる。

原題:Toyota, Carmakers to Pay $553 Million Over Air-Bag Losses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE