シャープ:ソフトバンクのビジョンファンドに1100億円超出資へ

シャープは18日夜、ソフトバンクグループが設立する10兆円規模の「ビジョンファンド」への参加を決定したと発表した。10億ドル(約1126億円)を上限に5年間にわたって投資する。さまざまな機器をインターネットでつなぐ「IoT」の知見を取り込むとともに、運用収益の確保を狙う。

  発表資料によると、シャープは2017年3月期に3期ぶりの営業黒字を達成し、新たな成長戦略を検討している。最先端のテクノロジー分野に投資するビジョンファンドへの参加により、IoTに関する知見を広げ、関連する事業展開を加速する方針。同分野へのソフトバンクの運用能力の高さから、投資収益も期待している。

  ビジョンファンド設立の時期について、ソフトバンクの孫正義社長は11日の決算会見で「内容はほとんど詰まってきており、もう時間の問題だ」との認識を示した。

  関係者によれば、ビジョンファンドには、サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)が最大450億ドルを出資する意向を表明しているほか、アップルやクアルコムなどの大手テクノロジー企業も出資を検討。アブダビ首長国のSWF、ムバダラ開発公社は最大150億ドルの出資を計画しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE