英国では4月に小売売上高が予想を上回る伸びとなった。好天気が自宅改装や園芸への支出を後押しした。この発表でポンドが買われた。

  英政府統計局(ONS)が18日発表した4月の店頭とオンラインを合わせた小売売上高指数は前月比2.3%上昇。3月は1.4%低下だった。エコノミスト調査では1.1%上昇が見込まれていた。

  食料品と燃料の価格が急上昇している状況でも、経済成長の原動力である個人消費が持ちこたえていることを今回のデータは示唆した。今年3月までの3カ月では、1-3月期としては7年ぶりに小売売上高が落ちこんでいた。

  ONSは、好天気が家庭用品などの需要を押し上げたと指摘。小売売上高指数は季節調整済みで、復活祭が例年よりも遅かったことが考慮されているという。

  小売売上高発表後にポンドはドルに対して上昇し、昨年9月以来初めて1.30ドルを突破。ロンドン時間午前9時53分現在は1.3028ドルで取引されている。

原題:U.K. Retail Sales Rise More Than Expected on Nice Weather (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE