米司法省がフィアット・クライスラー提訴の準備、排ガス巡り-関係者

司法省は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のディーゼル車が米国の大気汚染防止法に違反した疑いに関する調査で、話し合いによって意見の相違が解消されない場合、同社を提訴する準備を進めている。この件について説明を受けた関係者2人が明らかにした。

  提訴は今週中に行われる可能性がある。同関係者が情報の非公開を理由に匿名で語った。交渉は続いており、長期間の訴訟を回避するため合意に達する可能性もある。訴訟に至った場合、数カ月間におよぶ米政府の調査がさらに拡大することを意味し、FCAは多額の制裁金を科されるリスクにさらされる。

原題:U.S. Said to Ready Lawsuit Over Fiat Chrysler Diesel Emissions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE