米フォード:正社員1400人の退職見込む、9月末までに-コスト削減

フォード・モーターは、北米ならびにアジア太平洋地域で正社員を対象に希望退職を募り、「コスト削減を加速させる」と表明した。マーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)に対しては、利益改善や株価押し上げへの圧力が強まっている。

  17日の電子メールでの発表によれば、同社は9月末までに正社員1400人の退職を見込んでいる。今回の早期退職では、新モデルの製造や自動運転車などの技術開発に携わる社員は対象外となる。

  フォードは今年30億ドル(約3350億円)のコスト削減を計画しており、今回の人員削減もその一環。フィールズCEOに対しては、取締役会や投資家から利益や株価の押し上げを求める声が強まっている。

  フォードは従業員に対し、今回の削減で北米ならびにアジア太平洋地域で正社員が10%減少すると伝えた。  

原題:Ford Sees 1,400 Salaried Workers Leaving by End of September (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE