金融市場ではここ数週間にわたって静かな状況が続いてきたが、ここに来て米国のトランプ政権を取り巻く政治的な暗雲が広がり、17日にはリスク回避志向が急激に強まった。

  市場が歓迎した政策の実現が脅かされる急展開に、アジア株とS&P500種株価指数先物は下落。安全資産とされる金や円が買われた。株式投資家が募らせる不安を反映し、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)はニューヨーク時間午前7時53分の時点で8%余り上昇した。

  トランプ大統領に解任されたコミー連邦捜査局(FBI)前長官が大統領との会話をメモに記録していたことが米国時間の16日遅くに報じられ、S&P500種のEミニ先物は一時0.7%安となった。円はここ1週間余りでの高値を付け、金のスポット価格も0.7%高。ブルームバーグのドル・スポット指数は6営業日続落し、年初来では5%近く下落。

原題:Here’s How Markets Are Reacting to News of the Trump-Comey Memo(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE