5月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル続落、米大統領の情報漏えい問題と米指標軟調で

  16日のニューヨーク外国為替市場では、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数が5営業日続落。トランプ米大統領がロシアに機密情報を明かしたとの報道が懸念材料となったほか、投資家のユーロに対するセンチメントが改善した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.6%下げて1ドル=113円12銭。対ユーロでは1%下落し1ユーロ=1.1083ドル。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.6%低下し、4月24日以来の大幅な下げとなった。

  4月の米住宅着工件数と住宅着工許可件数がいずれもエコノミスト予想を下回ったことを受け、ドルは下げ幅を拡大した。軟調な指標がこのところ相次いでいることから、米金融当局が想定通り利上げを年内あと2回実施するかどうかを疑問視する見方が投資家の間で広がった。4月の米鉱工業生産指数は市場予想を上回る伸びだったが、ドルの下げ幅を縮める効果はほとんどなかった。

  ドルはこの日、主要10通貨全てに対し下落。スイス・フラン、ノルウェー・クローネ、ユーロに対する下げがきつく、カナダドルに対しては4月27日以来の安値となる1米ドル=1.3575カナダ・ドルまで下げた。米経済指標を手掛かりとしたドル下落の流れに、財政拡大に対する投資家期待の変化が追い打ちをかけた。トランプ米大統領がロシアのラブロフ外相に機密情報を明かしたと報じられ、米政権による立法案件の推進がさらに困難になるとの見方が強まった。

  一方、ユーロはドルに対し昨年11月9日以来の高値をつけた。フランス大統領選が終わり、ドイツのノルトライン・ウェストファーレン州議会選挙でキリスト教民主同盟(CDU)が大差で勝利したことで、ユーロ圏の政治を巡る不透明性がやや払拭されたとみられている。ユーロ圏の経済指標の改善が続いていることから、欧州中央銀行(ECB)が6月の政策決定会合で金融政策に関する文言を変更するのではないかとの観測も浮上した。

  スコシアバンクのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、ユーロ圏の経済見通し改善や米国株を上回る欧州株のパフォーマンスがユーロを支える一方、トランプ政権を巡る諸問題がドルを圧迫していると指摘した。
原題:Dollar Declines for Fifth Day as Trump Concerns, Data Weigh(抜粋)

◎米国株:ほぼ変わらず、テクノロジー高い-ナスダック最高値更新

  16日の米国株はほぼ変わらず。公益事業株や電気通信サービス株は一時の上げを消し、値下がりして終えた。テクノロジー株が上昇。ナスダック総合指数は最高値を更新した。

  S&P500種株価指数は0.1%未満下げて2400.67。一時は日中ベースの最高値を付ける場面もあった。ダウ工業株30種平均はほぼ変わらずの20979.75ドル。ナスダック総合指数は0.3%上昇して6169.87。

  この日は半導体株が好調だった。アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)は12%急伸した。コルボは4.6%の値上がり。

  不動産、公益事業株、電気通信サービスはいずれも下落した。エネルギー株も安い。

  トランプ米大統領は先週ホワイトハウスで開かれたロシア外相との会談で機密情報を明かしたとの報道について、テロに関する情報をロシアと共有したかったと説明、自分には情報を共有する「絶対的な権利」があると主張した。

  朝方発表された4月の住宅着工件数と許可件数はいずれも前月比で減少した。

  決算発表シーズンも終了間近となり、これまでにS&P500種採用企業の90%超が発表を終えている。ブルームバーグがまとめたデータによると、利益が予想を上回った企業は78%、売上高が予想を上回ったのは64%だった。
原題:MARKET WRAP: U.S. Shares Little Changed as Defensive Stocks Drop(抜粋)
Dollar Slide Worsens With U.S. Stocks Near Records: Markets Wrap(抜粋)

◎米国債:上昇、リスクオフの地合い強まる-住宅関連統計も材料視

  16日の米国債相場は総じて小幅上昇。午前中からリスクオフの地合いが強まったことが背景にある。国債が上げた一方、株式相場やドルは軟調な展開となった。午後に入ってからも国債は堅調を維持した。

  米国債は朝方一時下げる場面があったが、4月の米住宅着工件数や着工許可件数の減少も材料に上げに転じた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.33%。30年債利回りは1bp下げて2.99% 

  米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比2.6%減の117万戸。昨年11月以来の低水準だった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は126万戸だった。前月は120万戸に下方修正された。

  着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は2.5%減の123万件となった。前月は126万件だった。市場予想では127万件が見込まれていた。

  この日の投資適格級の社債発行では、6社が総額109億5000万ドルを起債した。
原題:Treasuries Gain as Dollar Slumps, Early Risk-off Hits Stocks(抜粋)
原題:USTs Underpinned After Weak Housing Starts; 10Y Block Supports(抜粋)
原題:Declines in U.S. Housing Starts, Permits Show Sector Weakness(抜粋)

◎NY金:5営業日続伸、ドル下落で-トランプ氏の情報漏えい報道受け

  16日のニューヨーク金先物相場は5営業日続伸し、過去4週間で最長の連続高となった。トランプ米大統領が機密情報をロシアに漏らしたとする報道を受けて、ドルが下落したことが背景。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比0.5%高の1オンス=1236.40ドルで終了。5営業日続伸は4月18日以来の最長。

  「ホワイトハウスは論争から逃れられないようだ」-BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の商品トレーディング担当ディレクター、タイ・ウォン氏。「こうした緊張感がドルを引き続き圧迫し、金の支えになっている」。

  銀先物7月限は0.9%高、5営業日続伸。プラチナ先物7月限は0.9%高。パラジウム先物6月限は0.6%安。
原題:Gold Rallies 5th Day as Dollar Falls on Trump’s Russia- Leak Flap(抜粋)

◎NY原油:反落、在庫統計の発表控え買い一服

  16日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。今夜発表の米石油協会(API)在庫統計、および17日発表の米エネルギー情報局(EIA)在庫統計を控え、市場は買い一服となった。

  エナジー・アナリティクス・グループ(フロリダ州ウェリントン)のディレクター、トーマス・フィンロン氏は電話取材に対し、「在庫統計を確認するまでは様子見のパターンになるだろう」と予想。「最近の米在庫減少を考慮すれば、石油輸出国機構(OPEC)が減産を継続する限り、2018年中には需給バランスを取り戻せるとみて大丈夫そうだ。思っていたより長くかかる」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比19セント(0.39%)安い1バレル=48.66ドルで終了。ロンドンICEのブレント7月限は17セント下げて51.65ドル。
原題:Oil Rally Stalls as Market Awaits Signs U.S Supply Glut Easing(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず-イージージェット安い、ボーダフォンは上昇

  16日の欧州株式相場はほぼ変わらず。指標のストックス欧州600指数は1年9カ月ぶり高値付近にとどまった。英格安航空会社イージージェットや英携帯電話サービスのボーダフォン・グループなどが発表した決算内容はまちまちで、投資家らは相場を見極める姿勢を取った。

  ストックス600指数は前日比0.06ポイント安の395.91で終了。下げ幅は0.1%未満だった。フランス大統領選の結果を受けた楽観から相場は上昇が続き、同指数は15日の日中取引で1年9カ月ぶり高値を付けていた。

  イージージェットは7.3%下落。冬の旅行シーズンに過去最大の赤字を計上。アナリスト予想よりも悪い結果となった。上半期(2016年10月-17年3月)の売上高も予想に届かなかった。

  ボーダフォンは4%値上がり。通期のフリーキャッシュフローを23%増やす方針を示し、配当を巡る懸念が和らいだ。

  ストックス600指数の業種別では、自動車が大きく下げた。4月の欧州新車販売が前年同月比で減少したことが嫌気された。英国では税制変更の影響で大きく落ち込んだ。

  英国のFSTE100指数は0.9%上昇し、史上初めて7500を突破して引けた。
原題:European Stocks Little Changed as EasyJet Drops, Vodafone Rises(抜粋)

◎欧州債:中核国の国債、ほぼ変わらず-イタリア債のスプレッド縮小

  16日の欧州債市場では中核国の国債がほぼ変わらず。新規発行のあった長期債を中心に朝方は売られたものの、英国とフランスの銀行団を通じた国債発行に旺盛な需要が集まったことで、長期債は下げ幅を埋めた。米国債の上昇なども支援材料だった。

  イタリア国債は上昇し、ドイツ10年債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は約6bp縮小。
原題:Pent Up Demand for EGB Duration; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(外為、米国株を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE