サウジとロシア、原油減産の9カ月延長を支持-18年3月末まで

  • 両国のエネルギー相が北京での共同記者会見で表明
  • 6月末までには望ましい在庫水準達成できない-サウジのファリハ氏

サウジアラビアとロシアは15日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と一部非加盟国による減産を2018年1-3月(第1四半期)末まで延長することを支持すると表明した。これを受け、原油相場は上昇した。

  サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相とロシアのノバク・エネルギー相は、北京での共同記者会見で、世界の在庫水準を5年平均まで減らす目標を達成するには、合意済みの水準での減産継続が必要だとの見方を示した。OPEC加盟国と減産に参加している非加盟国が25日にウィーンで開く会合で、両相が立場を説明する。

  24カ国は昨年、今年1月から6カ月間の減産で合意。この効果に対する疑問が強まる中、ロシアとサウジが合意へのコミットメントを再確認した。原油相場は昨年末の減産合意後の上げ幅をほとんど帳消しにしている。

  ファリハ氏は「6月末までに望ましい在庫水準を達成できない見通しのため、合意を延長する必要がある。従って、終了は18年第1四半期末のほうが望ましいとの結論に達した」と会見で説明した。

  原油先物は両エネルギー相の発言後に上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は一時1.8%高の1バレル=48.70ドルと、5月2日以来の高値を付けた。ロンドンICEの北海ブレントも1.7%高の51.69ドル。

原題:Saudis, Russia Favor Extending Oil Output Curbs by 9 Months (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE