【中国インサイト】中国郵政貯蓄銀行、知られざる実力とリスク

中国郵政貯蓄銀行の収益は2017年、改善が見込まれる。現在進めている個人向け融資などの高利回り資産へのシフトやリテール事業の一層の推進が実を結ぶとみられる。

  郵政貯蓄銀は利回りと株主資本利益率(ROE)を引き上げるため、預金の余剰分を活用できるかもしれない。同行の支店網は中国最大で、小口の貯金や富裕層向け事業の手数料収入をもっと利用できるだろう。ただ、親会社の販路に依存していることはリスクだ。同行は昨年9月に株式を公開した。

  融資は他の資産に比べて利回りが高いが、郵政貯蓄銀の総資産に占める融資の割合は16年に36%だった。中国工商銀行(ICBC)と中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の4大国有銀行の平均は54%。郵政貯蓄銀の資産は8兆3000億元(約137兆円)で、同国の銀行で6番目に大きい。

資産の入れ替えと手数料収入拡大で収入増に弾みへ

純収入の伸び

Source:Company Fillings,Bloomberg

  資産構成の改善とリテールの手数料収入拡大に取り組むことで、郵政貯蓄銀の収入は17年に増加の勢いが強まるとみられる。同行はより利回りの高い融資への配分を引き続き増やす。市場金利の上昇も投資リターンを支え得る。16年に54ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小した利ざやが拡大する可能性がある。

利ざやと資産の質が引き続き改善へ

  個人向け融資など高利回り資産に重点を移していることで、郵政貯蓄銀の純資金利ざやと資産の質の改善傾向は今年も続く公算が大きい。個人向け融資は昨年12月に比べて7%増加した。ブルームバーグ・インテリジェンスの推計では1-3月(第1四半期)の利ざやは2.24%で、16年10-12月(第4四半期)より拡大。融資の質も明るい材料だ。不良債権額は2.5%増と引き続き膨らんだが、不良債権比率は0.85%に低下した。1-3月期の純利益は前年同期比10%増加。17年の市場コンセンサス予想は6%増だ。

4大銀行を上回る資産利回り

郵政貯蓄銀VS4大銀

Source:Company Fillings,Bloomberg

  郵政貯蓄銀の資産利回りは17年も中国4大銀を上回る可能性がある。個人向け融資に重点を置いていることや、市場金利上昇に合わせた債券ポートフォリオの見直しが寄与する。5.8%ある個人向け融資の利回りが、競合行のパフォーマンスをしのぐ原動力の一つだ。中国人民銀行(中央銀行)が今年、金融政策を引き締め気味にしていることを受け、郵政貯蓄銀は保有債券をより高利回りの資産に切り替えることもできるだろう。

  郵政貯蓄銀の資産利回りは16年に3.95%で、4大銀を上回った。農業銀は3.71%、建設銀は3.67%、工商銀が3.62%、中国銀は3.38%だった。

クッションの厚み

不良債権比率と延滞債権比率

Source:Company Fillings,Bloomberg

  郵政貯蓄銀は融資と投資の拡大ペースを今年加速させる上で、財務面のクッションを備えておく必要がある。同行の16年の不良債権比率は0.87%、延滞債権比率は0.96%。いずれも中国4大銀行の平均と銀行業界全体の平均を大幅に下回っている。また不良債権カバー率も271.7%と、4大銀の平均より高い。こうしたことは少額融資や個人事業主、農村部の顧客への融資で発生し得る不良債権に対するクッションの役目を果たす可能性がある。

親会社依存のリスク

郵政集団の支店網から獲得した預金比率

Source:Postal Savings Bank of China IPO Prospectus

  郵政貯蓄銀が抱える一つのリスクは、預金を集める上で親会社の中国郵政集団のネットワークに依存していることだ。16年3月時点で、同行の預金の63.6%は郵政集団の3万1756支店(全体の79%に相当)から獲得した分となっている。同行が16年に預金に関して郵政集団に支払った代理店手数料は610億元、顧客に支払った利息は1020億元だった。

  郵政集団の支店網を除き、郵政貯蓄銀が直接展開している支店は16年3月で8301店。4大銀はいずれも全国に1万店以上を構える。

H株の流動性は低い

  郵政貯蓄銀の香港H株は流動性が低いようだ。中国船舶重工や上海国際港務、海航資本(HNAキャピタル)、UBS、香港富豪の李嘉誠氏ら長期投資家が同行のH株(199億株)の83%(165億株)を保有している。これらの各投資家の保有比率は最低でも5.6%ある。

  郵政貯蓄銀のH株の1日当たり売買代金は昨年9月の新規株式公開(IPO)以降、平均で1億8800万香港ドル(約27億4000万円)。このIPO以降の建設銀と工商銀、中国銀行3行のH株売買代金は、いずれも同10億香港ドルを超えている。

主要H株保有者

Source:Postal Savings Bank of China’s 2016 Annual Report

 
原題:Postal Savings Bank of China Company Primer(抜粋)1. BI Primer: Postal Savings Bank to Fuel Profit With Loans Focus 2. PSBC’s Asset Reshuffling, Fee Push Will Rebuild Revenue Momentum 4. Postal Savings Bank Margin, Asset Quality to Improve: 1Q Review
5. Postal Savings Bank of China Trounces Big Banks on Asset Yields 6. PSBC’s Superior Loan Quality, Coverage Give It Buffer for Growth 7. PSBC’s Vast Deposit Franchise Controlled Mostly by China Post 8. PSBC’s Shareholder List Underscores Limited H-Share Liquidity

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE