海外主要ニュース:大規模サイバー攻撃、独議会選、北朝鮮ミサイル

海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎バイトマン独連銀総裁:国内の物価圧力は極めて緩やかな動き

◎大規模サイバー攻撃の被害、なお拡大か-ルノー工場が一部操業停止

◎米大統領がホワイトハウスのスタッフ入れ替え検討-アクシオス

◎最新の銀行規則、FRTBに備えよう-自己資本の最低要件は上昇へ

◎FRB資産の再投資、「ゆっくり」抑制へ-ブラックロックなど分析

◎ムバダラ、ソフバンクのファンドに最大150億ドル出資

◎ドイツ首相率いるCDUが最大州の議会選挙で勝利

◎北朝鮮、弾道ミサイル発射-韓国新政権下で初めて

◎G7、貿易で表現弱めた声明継続-米財務長官は保護主義の権利留保

◎安倍首相:北朝鮮ミサイル、米韓とも連携し高度の警戒態勢を維持

◎菅官房長官:北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本海落下もEEZの外

◎NASA新ロケット、最初は無人飛行に-トランプ氏は有人の検討指示

◎米グローバルスター、身売りの可能性でアドバイザーと協議-関係者

◎北朝鮮、条件が整えば米国と対話-聯合ニュース

◎北朝鮮、暗殺計画への対抗措置を要求-朝鮮中央通信

◎米ボーイング、737MAXの飛行再開-不具合の可能性で一時停止後

◎身代金要求型の大規模サイバー攻撃、事態収束も警戒なお必要と専門家

◎米アンセム、シグナ買収を正式に断念-裁判所の破棄判断に上訴せず

◎コミー氏はクリントン氏に「フリーパス」を与えた-トランプ大統領

◎トランプ氏は自ら記者会見を行うことを検討、毎日ではない-FOX

◎トランプ大統領は会話を録音したのか-ホワイトハウス、説明を拒否

◎トランプ氏、1月にコミー氏に「忠誠心」求め断られる-NYT紙

◎オマーンの長期格付けをジャンク級に引き下げ-S&P

◎G7:米財務長官と「自由貿易」論議で歩調合わず、各国対応に苦慮

◎フィラデルフィア連銀総裁:賃金上昇率は加速し始めている

◎日米財務相、北朝鮮制裁めぐる連携継続で合意-日本当局者

◎ハーカー総裁:バランスシート縮小、あと2回利上げ後の開始を支持

◎FBI長官候補、上院共和党ナンバーツーの名も-トランプ政権当局者

◎トランプ米大統領、ロシアからの収入はほとんどない-税務弁護士

◎エバンス・シカゴ連銀総裁:インフレには依然「下振れリスク」が優勢

◎麻生財務相:自由貿易に背を向けるべきではない-ムニューシン氏会談

◎米GEの株価下落-ドイツ銀行が「課題は厄介」と投資判断引き下げ

◎スプリントとソフトバンク、TモバイルUSと非公式協議-関係者

◎5月のミシガン大消費者マインド指数:小幅上昇、現況は変わらず

◎バークレイズ会長なりすましメール、本物CEOが「お礼」の返信-FT

◎ロス米商務長官:米中通商合意後の次の段階は1年計画

◎米アマゾンが家具・家電品強化、翌日配送も視野に倉庫新設へ-WSJ

◎ECB、政策変更示唆を年央から開始する可能性-シュピーゲル誌

◎4月の米CPI:前月比でリバウンド、コア前年比は1年半ぶり2%割れ

◎米小売売上高:0.4%増に加速も予想下回る-コアは0.2%増に鈍化

◎アップル、1000ドルiPhoneで株価に上昇余地も-ゴールドマン

◎米企業在庫:3月は前月比0.2%増加-市場予想0.15%増加

◎トランプ米大統領、記者会見の全廃検討も-質問には書面で回答

◎JCペニー既存店売上高、3.5%減-競合百貨店に続き予想下回る決算

◎アップルがコーニングに2億ドル出資、製造業支援ファンドから

◎米財務長官がボルカー・ルール見直し開始、緩和への一歩にも-関係者

◎中国:4月の与信の伸び、市場予想を上回る-抑制策強化にかかわらず

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE