北朝鮮は14日早朝に弾道ミサイル1発を発射した。韓国では北朝鮮に融和的な姿勢を示す文在寅(ムン・ジェイン)氏が今月10日に大統領に就任したばかり。

  韓国軍合同参謀本部によると、弾道ミサイルは平壌の北西部の亀城から午前5時27分に発射され、約700キロ飛行した。

  米太平洋軍によれば、ミサイルは日本海に落下したが、大陸間弾道ミサイル(ICBM)とは合致せず、北米大陸に脅威をもたらすものではなかった。

  韓国の文大統領は就任に際して、「条件が整えば」平壌を訪問すると発言しており、就任早々北朝鮮への対応で手腕を問われることになる。

  文大統領のスポークスマン、ユン・ヨンチャン氏によると、同大統領は国家安全保障会議で、北朝鮮のミサイル発射が世界の安全保障にとって課題だと指摘。韓国は北朝鮮との対話の可能性について引き続きオープンだが、北朝鮮の挑発には厳格に対応するだろうと述べた。

  日本政府の説明では、ミサイルは排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられるが、安倍晋三首相は記者団に対して重大な脅威だと述べた。

  共同通信によれば、稲田朋美防衛相は発射された北朝鮮ミサイルが高度2000キロ超と推定され、新型の可能性があると記者団に語った。

  また共同通信によると、岸田文雄外相は北朝鮮の弾道ミサイル発射への国連安全保障
理事会での対応で、米韓両国と調整を始めたことを明らかにした。

原題:North Korea Fires Missile in Test for New South Korean President(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE