ソフバンク主導で仮想現実の英インプロバブルに5.02億ドル出資

更新日時
  • インプロバブルはVRやシミュレーションのソフトウエアを開発
  • 今回の出資はインプロバブルの企業価値を10億ドル超と評価

ソフトバンクグループはロンドンを拠点とする仮想現実(VR)の新興企業、インプロバブル・ワールズへの5億200万ドル(約570億円)の出資を主導する。英国のベンチャーキャピタル(VC)投資案件としては最大級となる。

  インプロバブルの評価額は公表されなかったが、ソフトバンクが取得するのは非支配持ち分であることから、10億4000万ドル以上となることを意味する。ブルームバーグの集計データによると、この案件は過去10年の英国でのVC投資としては5番目の規模になる。

  2015年3月のインプロバブルへの2200万ドルの出資に参加していたシリコンバレーのVC会社アンドリーセン・ホロウィッツや香港に拠点を置くVC会社ホライゾン・ベンチャーズ、シンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスなども新たに資金を拠出する。創業5年のインプロバブルはゲームや現実世界の大規模なシミュレーション用の仮想世界を構築する技術を開発している。

  ソフトバンクの投資担当マネジングディレクター、ディープ・ニッシャー氏は発表文で、「インプロバブルは世界のゲーム産業にとって不可欠で価値の高いプラットフォームになりつつある画期的な技術を構築している」と評価。さらにゲーム以外でも、インプロバブルのシミュレーション技術は病気の解明や都市の改善、経済の理解、複雑な問題の解決といった分野で役立つ可能性があるとの認識を示した。同氏はインプロバブルの取締役に就任する。

  

原題:SoftBank Leads $502 Million Investment in U.K. Tech Startup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE