三井住友FG:ロンドン新本部オフィスのリースで交渉中-関係者

三井住友フィナンシャルグループの欧州銀行部門は新しくロンドンに本部オフィスを設けるため、不動産会社ブリティッシュ・ランドとシンガポールの政府系ファンド、シンガポール政府投資公社(GIC)とリース契約を巡る協議に入っている。計画に詳しい関係者2人が明らかにした。

  話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、三井住友が検討しているのはリバプールストリート100番地に再開発中のビル(2019年完了予定)で、約1万3500平方メートル相当を借り上げる計画だ。交渉はまだまとまっておらず、最終的な成立見通しは不透明だという。

  三井住友銀行とブリティッシュ・ランドの広報担当者はコメントを拒否、GICにはアジア市場の営業時間外にコメントを求めたが返答は得られていない。

原題:Sumitomo Mitsui Said in Talks to Lease New London Headquarters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE