南ア・ランドの弱気見通し強まる-政治リスクの高まりと商品安で

  • JPモルガンやモルガンS、BofAもランドに弱気
  • トルコ・リラやメキシコ・ペソなどがより魅力的な投資先との見方

南アフリカ・ランドの弱気派がウォール街を席巻しつつある。

  南アの政治リスクが高まり、商品価格が下落する中、JPモルガン・チェースからモルガン・スタンレーやバンク・オブ・アメリカ(BofA)に至る銀行は、トルコ・リラやメキシコ・ペソを含む他の主要新興国通貨に対してランドを売るよう顧客に助言している。

  これらの銀行は、ズマ大統領がゴーダン財務相を解任した3月末に始まったランド売りが再燃すると予想。その引き金となるのは、議会で不信任投票が行われてもズマ氏がそれを乗り切ったり、同氏の後任として元妻のヌコサザナ・ドラミニズマ氏が12月に与党・アフリカ民族会議(ANC)次期党首に指名された場合かもしれないという。 

  ラボバンクの通貨ストラテジスト、ピョートル・マティス氏(ロンドン在勤)は「ランドが2016年後半から今年初めにかけて優勢だった強気モメンタムを取り戻すのは難しいだろう」と指摘。「上昇局面は終わった可能性が高い」と述べた。同氏は向こう数カ月間に1ドル=14ランドの水準よりもさらにランド安・ドル高が進むと予想している。

原題:Wall Street Goes Sour on Rand as JPMorgan Cites Rising Risks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE