ゴールドマンCEO:銀行へのボルカールールの呪縛を解く必要性訴え

  • 「重要な公共サービス機能」のマーケットメーキングをルールが妨げ
  • 規制には「もっと柔軟性が必要だ」-ブランクファイン氏

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、連邦預金保険制度に加入する米銀をボルカー・ルールの制約から解放すべきだと述べた。このルールによって自己資金を使うプリンシパルリスクを取ることが一部妨げられているが、マーケットメーキング(値付け)の機能は、価値ある公共サービスを提供するものだと指摘した。

  ブランクファイン氏は9日にCNBCとのインタビューで、自己資金を使うプリンシパルとして行動し在庫を持つことを一段と難しくするルールによって銀行が身動きが取れない状態にあると述べ、より健全な市場を育てるため呪縛を解くべきだと主張。また、銀行が自己勘定のためだけに投資することを認めるべきでないという考えには「共感する」とも述べた。ゴールドマンは株式・債券トレーディングが収入の約半分を占める。

  同氏は「マーケットメーキングは当社のような会社の極めて重要な公共サービス機能であるため、銀行が自己資金を使うプリンシパルとして行動できるようにすべきだ」と述べ、「われわれがそうしないと、流動性の低下で他の人々や業界、投資家が自身の目標を達成できなくなる。金融市場には有益な機能だ。もっと柔軟性が必要だ」と指摘した。

原題:Blankfein Says Banks Should Be Unshackled From Volcker Rule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE