米上院共和党:オバマケア関連税を全廃するかどうかは不透明

  • ハッチ上院財政委員長「現時点では何とも言えない」
  • ハッチ氏は2月時点では廃止は不可欠と述べていた

米下院を通過したヘルスケア法案ではなく、独自案の策定を準備している共和党上院議員らは、全ての医療保険制度改革法(オバマケア)関連税を廃止するかどうかは不透明だと述べた。

  医療・税政策を監督する上院財政委員会のハッチ委員長は「現時点では何とも言えない。今後をみる必要がある。交渉の対象となるだろう」と語った。

  ハッチ委員長は2月時点では、オバマケア関連税は「米経済に害をもたらす」ものであり、廃止は不可欠だと議会で発言していた。しかしハッチ氏やエンジ予算委員長ら共和党上院議員は現在、オバマケア関連税廃止の是非の検討を進める上で、結論を急がない姿勢を示唆している。

  マイク・ラウンズ上院議員は、「これについてはわれわれは時間をかけると思う」と述べた。

原題:Obamacare Taxes Aren’t Necessarily Going Away: GOP Senators (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE