中国のレバレッジ解消、投資家は人民元と資本動向を注視

  • 2015年には中国の混乱で世界市場が動揺
  • 人民元に対する圧力は「かなり大きく低下した」-アーキエタ氏

中国が融資ブームを抑制しようと大掛かりなレバレッジ解消の取り組みを進める中で、投資家はその影響が金融市場全般に波及するかどうか見極めようとしている。2015年には中国の混乱で世界市場が動揺した。

  投資家が注視すべき重要な指標は、人民元相場と越境資本動向だ。今のところ、中国は資本流出の抑制に成功しており、海外投資家に安心感を与えている。中国の外貨準備高は4月末まで3カ月連続で増加。シャドーバンキング(影の銀行)を抑制し、短期金融市場の流動性を引き締めている当局が、想定外の為替政策を打ち出す事態にも至っていない。

中国レバレッジ解消の痛み、5000億ドル超える-株も債券も軒並み下落

  投資家の不安を和らげる究極的な鎮静剤もある。共産党が今年秋に開く党大会を控え、金融市場の相場急落は習近平国家主席が回避するだろうという信頼感だ。

  米アトランタのニューバーガー・バーマンで120億ドル(約1兆3600億円)相当の新興市場ポートフォリオの運用に携わるゴーキー・アーキエタ氏は中国のレバレッジ解消の取り組みに触れ、「総じて抑制されていると考えている。これは本土市場に影響を及ぼす問題だ」と指摘。人民元に対する圧力は「かなり大きく低下した」とも語った。

原題:China’s Deleveraging Pain Puts Investors on Alert for Contagion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE