中国:4月の乗用車販売、前年同月比1.7%減-韓国車の不振続く

  • THAAD問題を受け、中国の消費者が韓国ブランド買い控え
  • 4月のSUV販売は前年同月比15%増の68万9387台

中国の4月の乗用車販売は減少した。韓国の現代自動車と起亜自動車の販売台数は引き続き減少。米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備決定を受け、中国の消費者が韓国ブランドを買い控えた。スポーツタイプ多目的車(SUV)市場の競争激化が響き、長城汽車の販売は月間ベースで2年余ぶりの減少となった。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が9日発表した4月の乗用車販売(小売りベース)は前年同月比1.7%減の169万台。1-4月の販売は前年同期比1.4%減の727万台だった。4月のSUV販売は前年同月比15%増の68万9387台。

  韓国メーカーとは対照的に日本と中国の自動車ブランドは堅調。日産自動車の伸び率は業界よりも良かった。起亜自の中国合弁の広報担当者によると、同社の4月の中国販売は60%超減少し、1万6050台となった。

  ゼネラル・モーターズ(GM)の4月の中国販売は1.9%減の27万2770台。一方、フォード・モーターは11%増。SUVの「エッジ」と「クーガ」の需要が旺盛だった。

原題:Hyundai-Kia Lead Drop in China Auto Sales; SUV Demand Climbs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE